ダイモの使い方

DymoM-1575の使い方の使い方、テープの入れ方

DymoM-1575の使い方の使い方、テープの入れ方



@テープを入れる
M-1575本体の上部にある蓋を開けます。
1575_1.jpg

Aテープを入れる_2
蓋を開け図のようにテープをセットし、矢印のガイドにテープを差し込みます。
1575_2.jpg

Bテープを入れる_3
図のように本体のガイドに沿ってテープを差し込みます。
1575_3.jpg

Cテープを入れる_4
図のような状態にテープをセットできたら蓋を閉めます。
1575_4.jpg

Dテープを入れる_5
本体側面にあるつまみを、図のように回すとテープが送り出されます。
送り出されない場合は、もう一度テープがしっかり挿入されているか確認してください。
1575_5.jpg

Eテープを入れる_6
ダイヤルを回してテープが送り出されたら、テープのセットは完了です。
1575_6.jpg

Fテープを入れる_7
余分に送り出されたテープは、本体下部にあるレバーを強く押すと切る事ができます。
1575_7.jpg

Gテープを入れる_8
切れたテープの先端は図のようにはがしやすいように、ミシン目のような切込みが入っています。
切込みから簡単にはがす事ができます。
1575_8.jpg

H文字盤を変える
文字盤を変えるときは、図のように本体を持って右側から横に押し出し、スライドさせて引き抜きます。
差し込むときは、逆に左側からスライドさせて差し込みます。
1575_9.jpg

ダイモM-1575の詳細はコチラからご覧いただけます>>>

COPYRIGHT(C)2011ダイモ販売株式会社
掲載されている情報、データなどの著作権は弊社に帰属します。無断転載はお断りいたします。

【ダイモプロフェッショナルシリーズ使用例の最新記事】

DymoM-1595の使い方の使い方、テープの入れ方

DymoM-1595の使い方の使い方、テープの入れ方



@テープを入れる
M-1595本体の上部にある蓋を開けます。
1595_1.jpg

Aテープを入れる_2
蓋を開け図のようにテープをセットし、矢印のガイドにテープを差し込みます。
1595_2.jpg

Bテープを入れる_3
テープが送り込めない位置まで差し込み、テープのたるみを巻き取ってから蓋を閉めます
1595_3.jpg

Cテープを入れる_4
蓋をしめて、図のように本体側面にあるレバーを矢印の通り回してテープを送り出します。
1595_4.jpg

Dテープを入れる_5
図のようにテープが出てきたらセット完了です。
1595_5.jpg

Eテープを入れる_6
図のように本体下部にあるレバーを強く握ると、余分に飛び出ているテープをカットすることができます。
1595_6.jpg

Fテープを入れる_7
切れたテープの先端は図のようにはがしやすいように、ミシン目のような切込みが入っています。
1595_7.jpg

Gテープを入れる_8
図のように簡単にはがす事ができます。
1595_8.jpg

H文字盤を変える
文字盤を変えるときは、図のように本体を持って右側から横に押し出し、スライドさせて引き抜きます。
差し込むときは、逆に左側からスライドさせて差し込みます。
1595_9.jpg

ダイモM-1595の詳細はコチラからご覧いただけます>>>

COPYRIGHT(C)2011ダイモ販売株式会社
掲載されている情報、データなどの著作権は弊社に帰属します。無断転載はお断りいたします。

DymoM1880の使い方、テープの入れ方

DymoM1880の使い方、テープの入れ方



@テープを入れる
M1880はダイモシリーズ最小モデルとなっており、テープは本体に収納しません。
図のように本体側面からテープを差し込みます。
1880_1.jpg

Aテープを入れる_2
側面にテープを差し込んだら、指で押さえながら、ラベルを打ち出す要領で軽く(ラベルを打ち出すより半分位の握りで)押します。
テープが送り出されればOKです。
1880_2.jpg

Bテープを入れる_3
更に軽く「カチカチ」と押し、テープを送り出します。
テープが出てきたら、ダイヤルをハサミの図柄に合わせて強く握ります。
余分なテープが切れて、打ち出す準備完了です。
1880_3.jpg

Cテープを固定する
M1880は本体内にテープを収納するスペースはなく、側面に固定します。
図のようにM1880の側面についているフックにテープを引っ掛けます。
1880_4.jpg

Dテープを固定する_2
図のように引っ掛けて固定できればOKです。
1880_5.jpg

E文字盤を変える
M1880は文字盤を変える事ができます。
※M1880シングルは文字盤が1枚しか付属しません。
文字盤は図のように、上部のキャップを時計と反対周りに回すと外れます。
文字盤をハサミ柄に合わせて強く握りこむと、余分なテープが切れて打ち出し準備の完了です。
1880_6.jpg

F文字盤を変える_2
上部のキャップをはずし、文字盤を引き抜きます。
1880_7.jpg

G文字盤を変える_3
図のように文字盤をスライドさせて引き抜きます。
1880_8.jpg

H文字盤を変える_4
文字盤を入れ替える場合は、図のように文字盤の溝を、本体側に差し込みます。
1880_9.jpg

I文字盤を変える_5
文字盤のセットか完了したら、外した時と同じ要領で、今度は時計回りにキャップを回し固定します。
1880_10.jpg

ダイモM-1880の詳細はこちらでご確認いただけます>>>


COPYRIGHT(C)2011ダイモ販売株式会社
掲載されている情報、データなどの著作権は弊社に帰属します。無断転載はお断りいたします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。